着物の仕立て。国内手縫いオンリーでお客様の大切なお着物をリーズナブルにお仕立てします。

採寸の仕方

身体からの採寸

まずは寸法についてをご覧下さい。(寸法についてをクリック)

身体から採寸
  • ① 身丈 着丈におはしより分を加えた長さになりますが、身長と同じくらいになります。
  • ② 着丈 首の付け根のぐりぐり(骨)から、足のくるぶしの下までを背でまっすぐに測ってください。
  • ③ 裄(ゆき) 通常は手を水平にあげ、背の中心から手首のくるぶしの外側までを測ってください。 手を斜めに下げて裄を測ると長めになります。約3cm(8分~1寸)ほど長さが違ってきます。左右両方測って、平均(2分の1)を出して下さい。
  • ④ バスト(胸回り) 左右のバストポイントを通り、胸の一番高い所を測ってください。
  • ⑤ヒップ(腰回り) 腰の一番太い所を測ってください。おなか回りが大きい場合は、太い方を腰回り寸法とします。
  • ⑥ 首回り 首付け根の部分を測って下さい。



お着物からの採寸

お着物から採寸

  • ① 身丈 後衿の下部分から裾までを、直線的に採寸してください。
  • ② 裄(ゆき) 背中心から袖口までを測ってください。
    袖の先から袖山(袖の一番上の折れ目)肩山(肩の一番上の折れめに沿って真横に背縫いの位置まで測って下さい。斜めに測ると誤差がでますので注意してください。
  • ③ 肩巾 背中心から袖付けまでを測ってください。
    袖付から袖山(袖の一番上の折れ目)肩山(肩の一番上の折れめに沿って真横に背縫いの位置まで測って下さい。斜めに測ると誤差がでますので注意してください。
  • ④ 袖口 袖上部から直角に測ってください。
  • ⑤ 袖巾 袖付から袖口までの上部を直線的に測って下さい。
  • ⑥ 袖丈 袖上部から直角に測ってください。
  • ⑦ 袖付 袖と身頃の縫い合わせ部分(身八つ口)までを測ってください。
  • ⑧ 身巾
    (⑧-a:前巾 ⑧-b:後巾) 前巾と後巾を測ってください。
    採寸するお着物は、出来れば柄合わせのないの着物(小紋や紬)をおすすめします。柄合わせのある着物(振袖・留袖・訪問着・付下げ)などは柄合わせを優先する場合があるので、
    やや大きめの寸法になっている場合があります。
  • ⑨ おくみ巾 上に行くほど狭くなっている場合がありますので、裾(すそ)で測って下さい。
  • ⑩ 衿下(妻下) 衿先から裾までを直角に測ってください。

王朝継紙下

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional